ブランド衣類のメンテナンスについて

ブランド衣類のメンテナンスについて

About maintenance of branded clothing

ブランド衣類の状態を維持する為に

ブランドの衣類は新品の場合とても素晴らしく見えます。残念なことに、ブランド衣類はある点で多くの問題を引き起こし、購入時のような状態にすることが難しいことがございます。ブランド服はなぜ維持が難しいのでしょうか?その理由は、全体的なデザインと外側の生地の構造に費やされる努力が、内部の素材と非常に重要な洗濯表示に関する内容との乖離があるからです。

その結果、あるクリーニング店は衣類の外観の大幅な変化に当惑することがあるでしょう。ブランドの品質管理部門に連絡すると、洗濯表示が適切なテスト洗浄ではなく概算のテスト洗浄によって考案されたことがよくわかります。クリーニング店は洗濯表示の通りに洗濯方法を決定します。しかし衣服の潜在的な欠陥が現れることで非難されます。

その後、お客様が、完璧な状態で「清潔にする事」だけが必要と思われる衣類を受け取ると、衣類は中古品のように見えます。彼らは通常、クリーニング店を責めますが、これは不公平なことだと思われます。クリーニング店の制御が及ばない変更に対する補償をお客様にはしなければなりません。以下は、ブランド衣類とより安価な競合製品の両方に現在影響している典型的な問題です。

特に明記されていない限り、これらのケースの衣類は、洗濯表示に従ってドライクリーニングされました。

保管

コートはかつての輝きを失う

失敗例:お客様がこのコートは持ち込まれたときは光沢のある風合いであったが、クリーニングをしたことによって風合いが損なわれたと申し出ました。

原因: 15 倍の倍率で、十分な照明の下で検査したところ、よこ糸 (衣服を横切って走っている) にコーティングの残りが確認されました。保護されたポケット素材にコーティングが残っていましたが、これは標準の摩擦テストで消えました。

責任:この問題は、メーカーの設計と仕様に関連しています。よこ糸のコーティングは、ドライ クリーニング用に設計されていません。

 

プリントがにじみだす。

ケース:ドライ クリーニング中に、ドレスの黒いプリント部分が薄くにじみ出てしまった。

原因:ドライクリーニングに対する標準の色堅牢度テスト (非破壊である ISO 105 パート D02 に規定) は、プリントがクリーニング溶剤に対して強くないことを示しました。

責任:クリーニング店が洗濯表示の内容に従っても、この問題は避けられませんでした。責任は衣服メーカーにあります。この欠点は、衣服メーカーの商品の内部チェックによって検出されたはずです。簡単な社内チェックで十分です。

 

革のズボンが縮んでシワになる

ケース:革のズボンが、クリーニング中に大きくしわになりました。

原因:タンナーは、立体的な樽型の原皮を平らにしてガーメントレザーを作成しますが、これにより必然的にある程度の伸びが生じます。この伸縮性は体に定着し、通常の着用に耐えます。ただし、ドライクリーニング溶剤は、革に深く潤滑することで伸びを緩めます。メーカーは、どの方向でも 3% の緩和収縮の許容誤差を許容しなければなりません。

責任:メーカー、そして最終的には元のなめし業者は、発生する弛緩収縮に責任がありますが、クリーニング店は可能な限りそれを修正する責任を負うべきです。これは、クリーニング店の手芸技術の一部です。

矯正:しわを取り除き、ズボンの元の形とサイズを取り戻すために、衣服は張力と真空を使用して再仕上げする必要があります.

シートベルトの擦れによる染み

欠点:クリーニング中に、このジャケットの右襟の端に白い染みできました。

原因:このジャケットは、運転席シートベルトを着用した車内で着用されました。ベルトはおそらく頑丈なナイロン製で、エッジと表面がジャケットを絶えずこすっています。ドライクリーニング機のプロセスにより、損傷した染料と繊維が洗い流され、染みのできた箇所の広範な損傷となりました。もう一方の襟は影響を受けていません。

責任:着用者に責任があります。高価なブランドジャケットは、日常着やポリエステル コットンなどの生地に通常期待される耐摩耗性を備えていません。ブランドジャケットは、通常、ナイロン製のシート ベルトによる摩耗に耐えるように構成されていません。

 

ポケットの縁がほつれている。

不具合:この衣類をドライクリーニングの機械から取り出したときに、ポケットの縁がほつれていた。

原因:手持ちの拡大鏡で衣服を調べると、縁はコーティングされたコットン地生地に基づいていることがわかりましたが、このトリムを切り取ったとき、端は未加工のままでした。

布のコーティングにより、通常の摩耗では端は損なわれませんが、機械での洗浄中に破損してしまいます。

責任:これは衣料品メーカーに責任があります。この欠点は、ドライクリーニングの機械で何度も検査をしていれば、洗浄能力テストで明らかになったはずです。

高品質ウールジャケットの糸引

ケース:あるブランドスーツは、高品質の非常に細いウール糸で作られています。クリーニング後、ジャケットに糸の切れやほつれが見られるようになりました。

原因:損傷した糸が毛羽立ち、はっきりと見えるようになりました。これは、ジャケットがクリーニングされる前に損傷が発生したことを示しています。損傷は局所的なものであるため、鋭利な物体がクリーニング工場に残されたことが原因ではありません。クリーニング前に見えなかった理由は、損傷した糸が糸用のオイルによって織物に保持されたためです。糸が表面から浮き上がって毛羽立つのは、洗浄溶剤が油分を取り除いたときだけです。

責任:工場の点検台にハサミがあった場合、またはワイヤー ハンガーを使用した場合、損傷が発生した可能性があります。しかし、この場合は通常の着用期間中に発生した可能性がはるかに高いため、所有者が責任を負う必要があります。

プレミアムクリーニングはお気に入りのブランドの衣服を保護するために可能な限りのことをしますが、当店がどれほどの知識を持っていても、何かは予測できません。まれではありますが、お客様に受け入れられる解決策を見つけるには経験と評判が必要かと思われます。