ドライクリーニングの誤解について

ドライクリーニングの誤解について

About the misunderstanding of dry cleaning

ドライクリーニングは衣類にダメージを与えますか?

家庭で洗濯をして収縮したり、染みがついたり、毛玉ができたりしてことはございませんか?ドライクリーニングは家庭の洗濯よりも衣類に良いのでしょうか? 現実にはドライクリーニングは衣類を傷めることはあまりありません。衣類を長持ちさせるために、ドライ クリーニングについての最も一般的な 3 つの誤解を解き明かそうと思います。

ドライクリーニングに関する誤解

誤解1  衣類はできるだけドライクリーニングに出さないほうがよい

ドライクリーニング(クリーニング店)でしかクリーニングをしたことが無い衣類をクリーニングの合間に何度も着用するのはおすすめできません。1 日着用した後は比較的きれいに見えても、すぐにクリーニングしないと、汗に含まれるアンモニアによって深刻なダメージを受ける可能性があります。時間が経つと黄色くなった白い衣類や、紫色の衣類があずき色に変色した覚えはございませんか。これはすべて、アンモニアのせいでおこる現象です。

また、アンモニアはアイテムを着用していなくてもダメージを与える可能性があります。クローゼットに吊るしていても、化学薬品が衣類に長く留まるほど、衣類を汚す可能性が高くなります。衣類をドライクリーニング店に預けることで、衣類をきれいに保つことができます。またしみ抜きで目立つシミの汚れを取り除く事もできます。

 

誤解2 ドライクリーニングよりも自宅で衣類を洗う方が安全

最初に購入したときはとても鮮やかな色でしたが、たった数か月の洗濯で色あせてしまったシャツなどの経験はありませんか? 家庭の洗濯機で洗うと色落ちが早いのですが、ドライクリーニングはどのくらい違うのでしょうか?ほとんどの人は、ドライクリーニングが家庭の洗濯よりも色を維持できることに驚くでしょう。ドライクリーニング溶剤は水よりも軽いため、従来の洗濯よりもはるかに繊細に衣服の生地を通り抜けることができます。プレミアムクリーニングのクリーニング工程で、衣類は完全にプレスされ、色あせすることなく、すぐに着用できる状態に戻ります.

誤解3 ドライクリーニングの臭いがつく

クリーニング店から油溶性溶剤、体臭、またはそれ以上の臭いがする衣服が戻ってきた場合は、新しいクリーニング店を探しましょう。この油溶性溶剤の臭いは、溶剤が完全に除去されるまでクリーニング店が十分に乾燥していないことを意味します。クリーニング店によっては常に新鮮な溶剤を使用せず古い溶剤をそのまま使用します。つまり、汗、その他衣服に閉じ込められたものが、衣服に再付着します。(逆汚染)

信頼性の高いクリーニング店には、あなたの服が美しく、すぐに着られるように戻るという品質保証があります。環境に優しい溶剤と最先端の洗浄システムで清潔で臭いの無い状態でキレイなシルエットとなるでしょう。

信頼できるクリーニング店のひとつでプレミアムクリーニング(当店)です。ドレス シャツやスーツからブライダルウエア、他色々な衣類、信頼できるクリーニング店は、アイテムを新品のように美しく保つのに役立つでしょう。