ドライクリーニングとは

ドライクリーニングとは

What Dry Cleaning

ドライクリーニングは通常、標準的な家庭用洗濯機と乾燥機に不向きな衣類や布地に使用されます。このプロセスは、多くの生地の望ましい品質を維持し、収縮や伸びを防ぐのに役立ちます。また、より時間のかかる手洗いの必要性を排除します。ほとんどのクリーニング店では、ワイシャツ・リネンなどの洗えるアイテムのウェットクリーニング(水洗い)も提供しています。

ドライクリーニング溶剤の歴史

ドライクリーニングは、ウールがお湯にさらされたときに発生する収縮を防ぐために、アンモニアを使用してウールのトガを洗浄したローマ時代から存在しています。近年ドライ溶剤は灯油などの石油ベースの溶剤に移行しました。これらの溶剤は、非常に可燃性が高く、使用には注意が必要で一般の家庭では利用が難しいです。

1930年代までに、溶剤は一般に「パーク」と呼ばれる塩素系溶剤であるパー​​クロロエチレンの使用を開始しました。これは非常に効果的な溶剤であり、今日でも多くの市販の溶剤で使用されています。パークは独特の化学的臭気があり、人間に対して発がん性があると分類されています。1990年代に、米国環境保護庁はドライクリーニング用化学薬品の規制を開始し、一般のドライ溶剤がより安全で環境に優しい溶剤を使用することを奨励しました。

グリーンドライクリーニングは、二酸化炭素洗浄システムと、圧力を加えて布地から液体二酸化炭素を引き出して汚れを取り除く洗浄機に基づいています。熱がかからないため、生地にやさしくなります。

一般的なクリーニングチェーン店の工程

今日、ほとんどのクリーニング業者は、非常に大規模で高価な洗浄装置を店舗に持っていないので、衣類を集中工場に集めます。店舗でクリーニングされる衣類は一般的に下記のような流れで処理をされていきます。

  1. 衣服のタグ付け

    クリーニングで預けた衣類はタグ付けされ管理されます。一部のクリーニング店は、ステープルで留められているか、衣服に固定されている紙のタグを使用しています。さまざまな顧客の汚れた衣服は一緒にクリーニングされ、タグを元に持ち主の元へお返しします。

  2. 衣服の検査

    衣服をクリーニングする前に、ポケットに残っているアイテム、裂け目、裂け目、ボタンの欠落がないか検査されます。

  3. 染み前処理

    検品過程の一環として、クリーニング工場の担当者は衣服の汚れをチェックし、ドライクリーニングの前にシミの前処理をします。特定の汚れの原因がわかっている場合は、お客様から何のシミかをお知らせいただければしみ抜きの効率が高くなります。

  4. 機械のドライクリーニング

    汚れた衣類は大型ドライクリーニング機に入れられ、油溶性の溶剤で洗浄されます。衣服を溶液中で穏やかに攪拌すると、汚れがほぐれます。次に、溶剤を排出し、ろ過し、リサイクルし、衣類を新しい溶剤溶液で「すすぎ」、最後の汚れを洗い流します。

  5. ドライクリーニング機での洗浄後

    ドライクリーニング工程は、化学溶剤のおかげで油性の汚れを取り除くのが得意です。ただし、水溶性の汚れは必ずしも効果的に除去されるとは限りません。したがって、すべての衣服は、残っている汚れを部分的にしみ抜きをいたします。蒸気、水、ドライ溶剤で処理をします。

  6. 仕上げ

    最後の工程は、アイロンや蒸気で衣服のシルエットを整えます。外れたボタンがある場合は取り付けることも含まれます。衣類をカビや虫喰いから守る為に専用の包装をいたします。

 

クリーニング店を上手に利用する方法

  • 品質表示タグを確認する

    これは当たり前のように思えるかもしれませんが、多くの人は衣服の品質表示タグに無関心な方が多いです。クリーニング業者は、クリーニングの前に常に品質表示タグを確認する必要がありますが、適切なクリーニングを確実にするために、特別なケアの指示や生地にお客様も注意を向ける必要があります。

  • 家庭でシミや汚れを取ろうとしない

    衣類に何かをこぼしたり、染みに気づいたりすると、自分で染みを取り除こうとする方がいますがクリーニング店におまかせください。油、染料、染みを布地の奥深くに押し込むことで悪化する可能性がはるかに高くなり、除去がさらに困難または不可能になります。

  • 落として欲しい染みの箇所を指定してください

    染みを事前に指定して、クリーニング前に前処理できるようにしてください。

  • 特別なボタンや装飾に関して

    繊細なボタンや装飾がある衣類がある場合はクリーニング店に保護をするか取り外し可能かをご確認ください。

  • 事前にケアリクエストを行う

    汚れ、デリケートな生地、装飾を事前にお知らせください。ドライクリーニングだけで全てが最高の仕上がりになるとは限りません。ご要望は事前にしっかりお知らせしましょう。